« Ulead MediaStudio7 でMTV Encodeを使う | メイン | SmartVisionHG/V »

2003年7月 6日

デコード&エンコード >>キャプチャ・ビデオ編集 

Windows Media EncoderはDirectShowでソースが取れれば良いので、Mpeg2の場合は、PowerDVD等のデコーダソフトを入れればよかった。
これは、TMPGEncにおいても同じ(実際はCyberlink用VFAPIが内臓されているので微妙に違う)

 最近、PC上でDVDを再生するソフトで有名なPowerDVDがバージョンアップしたので購入してみた。
(画像の向上等があるそうなので、エンコードにも生きるかと期待した)
結果。
・TMPGEnc Ver2.513(2003/07/06現在最新Ver)では、強制終了してMpeg2を直接読み込めない。(PowerDVD XPでは問題が無かった)
・Windows Media Encoderだと「色がおかしくなる」
ということが起こっている。
何らかの解決方法がないかどうか調べてみているが、現時点では情報が少ないのでなんとも言えない。
もし、エンコード目的でデコーダを入れようとするのなら、PowerDVD5は今のところやめておいた方が良い。

なお、UleadMediaStudio7ではWindowsMediaEncoder9と連携して、WMVが作成できるようになった(MediaStudio6.5はWME4.1)が、残念ながら「カスタムテンプレート」がうまく使えない。 テンプレートの定義画面が開き、定義することが出来るのだけれども”使えない”という非常にイライラする状態。
Mpeg2に関しては、前回にも書いた通り平均ビットが指定できない...。videotools.netにて、Ulead Video Serverというのがシェアウェアで購入できるので、これを使って外部エンコーダに渡すというのが、現時点で「まともなWMV」「指定したサイズで作成できる、まともなDVDで使えるMpeg2」をUleadMediaStudioで作成する方法と言えよう...。(圧縮を掛けてタイムラインを吐き出して、エンコーダに吐き出すと画像が劣化するので、非圧縮でAVIを作ったりすれば良いのだが、HDDの容量が無駄になるし、タイムラインから直接吐き出せる、というUleadの売り文句通りに使うのなら、その方法しか現時点では考えられない)

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2003年7月 6日 00:00



トラックバック

記事投稿日から60日間のみ、トラックバックを受け付けます。

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。