« SmartVisionHG/V | メイン | DVD仕様 »

2003年7月15日

SR-SPTV/USB >>キャプチャ・ビデオ編集 

スカパーのチューナーをPCからコントールする機械。
ついかっちまった(--;;
予約はMagicTVを使わないと出来ない、よって、I/O Dataのキャプチャカードがないと予約が出来ないというヘタレっぷり。
さらにPPVは予約できないという、更なるヘタレっぷり。
ついでに言うと、PPDで購入してあっても、チャンネル単位で跳ねてるというヘタレっぷりです。

ついでに言うと、この機械、どうやら中身はかなり古いもので、MegaWave(SkyperfecPCの頃)の製品を流用しているように思われます。dllやらなんやら追っていたらそれらしい文字があった。
ドライバがbt878しか使えない、というのもMagicTVや、そういったものが、OEMだからというところに拠るのでしょうね。(実際はどうかわかりませんので、邪推です)
MagicTVを使うために、久しぶりにbt878(今更)を積んだGV-BCTV5Eをゲットしましたが、やはりダメ。小さく見てればアラが見えにくいですが、やはり輪郭がジャギってる。 ソフトウェアエンコードですが、「高品質エンコーダ」と書いてある中身は、ligosのエンコーダのようです。dllがフォルダにおかれています。

ということで、SmartVisionHG/Vで垂れ流しスカパー(1時間毎予約を入れてあるので自動的に分割される)と、MTV1200HXで地上波予約という感じでやはりいくしかないかなと。MTVの場合、予約録画でオーバーレイウィンドウを表示させなくて済むモードがあるので、2枚刺しでも安全です。

SR-SPTV/USBをなんとかコントロールさせるプログラムを組んでみようかとも思ったりもしますが、使用しているAPIを追っているので力尽きました。とほほ。

とりあえず、これを見ている方で、SR-SPTV/USBを買ってしまった方、通常では出来ない「EPGで見たくもない番組」を消す方法を紹介して終わりにしましょう。
※契約していようがいなかろうが、全ての番組がばーっと出てきてしまうので非常に使いづらいのです。

SR-SPTV/USBのデータは.mdbです。Access97形式のデータベースでパスワード制限がかかっています。
CsEPG.exe(CS EPGのプログラム本体)を追えばわかりますが、データベースパスワードはusbirdです。 これで2つの.mdbを開き、serviceというテーブルから、要らない番組を取り除いてください。 リレーションシップがきっちりされているようなので、他のテーブルは気にする必要は無いでしょう。

これで、見たくないところ、EPGであってもしょうがないスターデジオとかがさっくり消せます。
試してませんが、PPV番組はフラグで2が立っているためにMagicTVで予約が出来ないのではないかと思います。 あくまでこの辺りは自己責任ですが、試す価値はあるかもしれません。

※データベースはプログラムのある場所と、ユーザのlocalsettingsに現在使っているdbが置かれています。
肥大化するか、番組再取得をするタイミングで古いものを.oldにし、プログラムから空データをコピーする、という仕組みだと思われます。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2003年7月15日 00:00



トラックバック

記事投稿日から60日間のみ、トラックバックを受け付けます。

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。