« S-ATAリムーバブル | メイン | Base64 inline(その2) »

2005年7月27日

続DL320 G2 >>Apache  | >>ハードウェア 

MegaRaidIDEでは137GBまでしか認識しない、ということになっている。実際WindowsにてDriverを入れたところ、137GBしか認識できない。
しかし、TurboLinux10ServerではCMD649として(Not 100%NativeDevice)動作させることになっていて、CMD649だと137GBを越えることができてしまう。
Windows上にCMD649ドライバ(sil649,探すのに苦労した..)のドライバを入れたところ、やはり137GBを越えることができた。

ApacheがDefunct(pagefault)になることがあるのだけれども、Swap領域を使い始めるとなる傾向が見られる。
Swap領域は137GBを越えた、末尾8GBを確保するよう設定されているようだから、もしかしたら, 最大領域まで使用したことによりSwap領域に書き込んだデータが化けることによって、引き起こされているのかもしれない。
が、あくまで推論でしかない...。(そういう情報もないし)
...Windowsでファイルを転送してfd取ってるけど壊れる状況にならん..うーむ、このせいじゃあないのか、TurboLinuxで試さんとわからんか。。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2005年7月27日 00:00



トラックバック

記事投稿日から60日間のみ、トラックバックを受け付けます。

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。