kamosica.jp

« サバ寿司食いてえ | メイン | 今日はボソボソとつぶやき日記 »

2006年8月27日

GS724TA導入 >>ハードウェア 

NETGEARのGS724TAを導入しました。

ギガビット24Port,PortTrunk、SNMP,スパニングツリー、VLAN、Jumboframe対応のWebマネジメントL2スイッチ(正式にはスマート・スイッチという名称が付いてる)です。

機能・価格的に対抗となる製品はDellのPowerConnect 2724になりますが、PowerConnectの方はジャンボフレームが最大9000バイトになってしまう。
INTELのNICで9014に設定したいために、GS724TAで決定となりました。その他違いとしては、トランクの部分で、PowerConnect 2724は6グループ x 4リンク、GS724TAの方は4グループx 6リンク、といったところでしょうか。

今のところ取り立てて文句等があるわけでもないですが、ちょこちょこと書いておきます。
ファン付きですが、うるさくはないですね。というか、ネットワーク機器としてはファンが無い方が不安というかなんというか・・・。前の8Portのギガハブはめっさ熱かったですからね。ファンがあるおかげなのか、熱はさほど持ってない様子です。

ある程度マネジメントができるので、ステータスが見れるのも良いです。

トランクは、01-06,07-12,13-18,19-24と、グループ単位でポートを選択するようになっているので、そういう点では融通が利かないところもあります。

8Port x 5台でケーブルとかがごちゃごちゃになってたのですが、まとめたおかげでスッキリ。
これで、実環境でTrunkを使ったテストもできるぞっと。

尚、ネットワーク機器のお決まりと言うかなんというか、管理画面等々は日本語ローカライズはされてなくて、簡単な日本語マニュアルがついてくるだけです。
あ、そうそう。日本での商品名はGS724TAですが、本国の方ではGS724Tv2ということのようです。ファームもv2のでどうぞ。日本サイトの方には更新は無いとなってたけど、本国の方にはばっちりありました。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2006年8月27日 08:18



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。