kamosica.jp

« 3DM2へのアタック | メイン | 部屋が散らかってきました・・・ »

2006年11月11日

RPM Repositoryは信頼できるのか? >>データセンター 

CentOSをプチプチ触っているわけですが、困った場合はRPM Repositoryをいろいろ漁って、RHEL4やら、Fedoraやらのをぶち込むのが作法なんですかねえ。

本当に信頼して使っていいミラー以外のところは怖いんじゃないかなあと思うんですが・・・。

Debianの際も、スペイン人がよくわからないところからツールをダウンロードしてきて入れたとかで、rootkit仕込まれてたっていうのを見てるしなあ。(スペイン人からヘルプ依頼が来て対応したんですけど、全く気づいてなかったから教えてあげた)

VZ用のパッケージファイルの作成ですが、なんとなぁくわかってきました。
ということもあるので、ある程度は自前でRepositoryを持った方がええのかもしれんなあ。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2006年11月11日 06:52



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。