kamosica.jp

« Xen3.0.3 initrd作成の仕方 on Debian Sarge | メイン | Plesk8 on CentOS mailman動作不可問題 »

2006年11月12日

携帯メールスクリプト ubiqunのソース >>Perl 

実用すくりぷとん ubiqunを使って、POPで定期受信~転送をしていますが、時々転送がとまるんですなあ。

ついでに、popデータも異様に溜まりまくっている・・・。
ソースを見ると
print `$command` || &VERBOSE('error', 'error', 'ERROR: cannot execute child process. / command = ' . $command);
ということで、プロセスを立ち上げて出力を取って、出力がなければエラーということになるが、
-quietオプションをつけて立ち上げていると、子プロセスで立ち上がったものにもargvが渡るようになってしまい、「出力が全くない」ことで print || では、エラーとなりまずいような気がする。
特にメールが複数残っているような場合に転送が1個でとまるっぽい。

sub EXECUTE_CHILDPROCESS {
の中で、
$command .= '"' . $setting{'dir_program'} . $setting{'file_program'} . '" ' . $argv;
として、コマンドと引数を結合させている直前あたりに
if ( (index($argv,"-quiet") ) != -1 )
{
$replace = '-quiet';
$argv =~ s/$replace//;
}
とかいれとく。

後は、しばらく様子見ですが・・・

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2006年11月12日 02:14



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。