kamosica.jp

« やわらか戦車グッズ | メイン | ORDBが閉鎖。SPAM関連の設定に影響が。 »

2006年12月20日

Windows Server破損~復旧 >>Drive  | >>RAID  | >>WindowsOS 

Windows Serverがクラッシュ。MaxtorのATA HDDがお亡くなり。250GBで、1年ぐらいしか使ってませんが。どうもMaxtorのHDDにはいい思い出がありません。

今回はバッドセクタが出始めて、そこにDiskeeperで塩を丹念に摺りこんだのが決定打となったようです。
ということで、管理者たるもの「イベントビューアはマメに見ろ」ということになります。
Diskeeper自体は有用なソフトウェアですが、HDDが危険な状態で使用するとまずいですので、その辺は気をつけねばなりません。

緊急復帰を行い、一部データの破損のみで、MS SQL ServerやVSSのデータ、WINS,DHCP,リモートアクセス等は問題なく動いており、使うサービスに関しては生きているためたいした損害は出ていません。
・・・が、システムドライブをRAIDに入れていなかったため、レジストリや一部DLLも無い状況(デバイスドライバーのところも開けない・・・。イベントビューアもだめか..等など。)です。

修復インストールを通常ならばかけますが、使用するサービスは動いており、HDDも新品に交換済みですし、別途、3Ware(AMCC) 9650SE-4ML及びHDDを新規調達しましたので、明日新環境への入れ替えです。
(9650SEはRAID6対応がウリですが、4MLはRAID6非対応ですので、その点に関してのレポはありません、と前もってお断りしておきます)

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2006年12月20日 05:47



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。