kamosica.jp

« サーバ情報まとめサイトを作ってみた | メイン | qmailにBackscatter対策を施す »

2007年3月10日

Turbolinux Appliance Serverのアップデート >>サーバ 

Turbolinux Appliance Serverでsausalito-cceがBugFixで来たおかげで、Cronやらなんやらとにかく全部止まってた、というご連絡をもらったので、ちと調べてみる。

http://www.turbolinux.co.jp/update/update_history/2007/TLBA-2007-9j.txt
CCEっていうのはCobalt Configuration Engineの略だとかなんとかで、Turbolinux Appliance ServerはエセCobaltなわけです。

この管理コア部分がアップデートし、復帰できず・・・に、一時的に全部サービス監視が全て死んでいた模様です。定期自動パッチ当てでやられると、目も当てられませんな。

うっひょー楽チンにサーバ管理できちゃうぜーっていう製品(ぱっと見だけはね)ですが、Fixパッチ等によってはえらい目に遭うことがある、その典型とも言えます。rpm系も結構やってくれます。(・・・が、rpmな人の方がユーザ多いのでなんとも・・・)

Turbolinux Appliance Server(TLAS)なんて、そうそうお目にかかれませんが、ライブドアの専用サーバでは、TLASがついてきます。というか、TLASしかサポートしないそうな。
ま、理由としてはTurbolinuxを買収したからという、そういうオチです。
サポートしてんなら、きっちりサーバの管理をしてくれればいいようなものを、こまいところで客のせいにするとのこと。 ○○したら保証できんとか言うとか。 つーか、とにかくTLAS使いづらすぎ。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年3月10日 05:52



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。