kamosica.jp

« GooのRSSリーダー(アプリ版)にもAdSense広告が使われている | メイン | たぶん風邪・・・が悪化中 »

2007年5月22日

Muninでサーバ監視 with DNS >>サーバ 

Muninでサーバ監視をします。

Muninとは、MRTGみたいにサーバを監視できるツールです。・・・えー、例のごとく説明は他のサイトでどうぞ(手抜き

どうもDNS Queryが鬼のように来てるんで、一応統計取らねばならんなあ、ということとApacheも統計を取ってみよう、という感じです。
Apacheの方は/server-status をlocalhostから見られるようにして、ExtendedStatus をonにする必要があります。

DNSQueryの方、とりあえずrndc stats の方だけ動かしてみています。rndc が動いて、named.stats がmuninの実行ユーザで読めるようにしてあればOKのようです。
Debian Etchのバイナリパッケージにはbind9_rndcが同梱されていないので、公式サイトの最新tarballを落としてきて組み込みましょう。
スクリプト的には、named.stats が肥大化しそうな気がしないでもないんで・・・、時々小さくしてあげたほうがよさそうな感じ。

でもって、bindのlogで...
22-May-2007 07:31:26.049 security: client x.x.x.x#30658: query (cache) './NS/IN' denied
とか、有名販売店のネットワークからくらってるんだけども(店員がやってんのかね・・・?)、dig . ns を外部に投げて来る意味がわからん。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年5月22日 07:57



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。