kamosica.jp

« Linux Kernel 2.6.21.2, 2.6.21.3がきた | メイン | 続・たこ焼格闘記 »

2007年5月27日

Muninのnetstatグラフがうまくでないで格闘してみたり・・・ >>サーバ 

サーバ統計のMuninのnetstatグラフで、passive connectionの値がどんどん増加していっていました。

pluginのソースを見るとnetstat -s をして、passive connection の値を取っているので、Incrementされていくデータをうまく処理できていないのかと疑った。(type DERIVE だったので)
だけど、「For the purposes of viewing data, the derive type works the same way as a counter」と、muninの画面上のhelpで書かれているので特に問題はないということに気が付く。

※さらにmuninのwikiページにもtypeについて書かれてます。 miss readしちった...読みづらいわ・・・。
http://munin.projects.linpro.no/wiki/fieldname.type

何がおかしいかというと、こんなグラフが描写されておりました。
netstatで出力したグラフ

いろいろやったり調べてみたんですが、どうにもうまくいかず。同じようなグラフを描画しているところも(掲載しているサイトとか、情報とか)無さそうだし。
rebootしても、このpassiveが斜めにぐりぐり上昇していくというのが直りません。うー、なんで?

あきらめてMuninのnetstat関連 rrdデータだけ削除して、マシンをrebootしてみました。(FreeBSDだと netstat -z で統計値をクリアできるようですが・・・)

再起動してしばらく経過。なおった....というか、意図通りのグラフが描画されるようになりました。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年5月27日 08:10



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。