kamosica.jp

« Sonyの仕事あります。 -Job from Sony- | メイン | Linux Kernel2.6.21.4がきた »

2007年6月 7日

Urchin リファラー解析でハングる(その3:解決) >>Apache  | >>レンタルサーバ 

OCNのメール&WEB PROで使われているUrchinで、最近流行りの動的パラメータを/区切りで渡すサイトがリファラーで渡ってきた後の解析でハングするようになる件・・・ですが、前回書いたような対応で問題なく稼動しています。

はてなKeywordなんかがリファラーになっていたらイチコロだったんですが、これで大丈夫そう。

UTF8>SJISにした、uft8decode.pl はこちら
※どこがメインでメンテナンスされているソースなのかわからない状況・・・。日本語Awstatsの情報を書かれていたサイトさんな気もするのですが。結構バージョンがイロイロあるので...。

で、これをダウンロードした上で、
urchin のconfigを書き換える。/usr/local/urchin/urchin.config とかだったはず。
TransferLog: /usr/local/apache/logs/vhost/nantoka.sjis
とかにする。

OCNのメール&WEB PROでは、newsyslog_web.pl を作成しろとか書かれていると思いますが、

system("/usr/local/urchin/urchin");
の直前に、
system("/usr/local/bin/perl5.8.4 /root/utf8_decode.pl < org_log > new_log");

というようにして、デコードをすればOK。
VirtualHostがあればある分だけ必要。

ログが巨大な場合は、処理中にログが増えていくので、cpするとかmvするとかしてさっさとまず apacheをリスタートさせる方が良いかもね。urchinだけの話じゃなくって。

ここまでに至るurchin話はその1 その2などを参照ください。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年6月 7日 17:29



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。