« インターリンク、セカンドライフでウミガメの環境保護支援を開始 | メイン | Mapfan プランナーは結構いけてるかも »

2007年7月 1日

Yamaha RTXの統計を Muninで取得する >>Router/Lx/L3/L2  | >>サーバ 

Yamaha RTXの統計を Muninで取得する。

MRTGでもいいけど、せっかくなのでできるだけ1つに集約しないとね・・・。

バラバラ入れても保守しづらいだけなので。

というわけで、Muninでの取り方のメモ&スクリプト。

まず、基本となるInterfaceのトラフィック統計から。

FAQ for YAMAHA RT Series/SNMPに「インターフェース番号はどのように定義されていますか? 」というのがあるので参照する。

munin-node-config でゲットしたのをただ全部羅列するとエライ数になるので注意。

必要なところだけ
ln -s /usr/share/munin/plugins/snmp__if_ /etc/munin/plugins/hogehoge_if_1
として、シンボリックリンクを張る。

次、RTXのCPUとMemory Usage。
rtx CPU load plugin
rtx Memusage plugin

これをMuninのpluginにぶちこんで
ln -s /usr/share/munin/plugins/rtx__memusage /etc/munin/plugins/snmp_hoge_memory

とかすればOK。
env.community communityname
env.host hostname
env.version 1

を、plugin-conf.dに記述しておくのを忘れないこと。

後は、munin-nodeを restartして確認する。

.iso.org.dod.internet.private.enterprises.yamaha.yamahaRT.yamahaRTHardware.yrhMemoryUtil
.iso.org.dod.internet.private.enterprises.yamaha.yamahaRT.yamahaRTHardware.yrhCpuUtil5min

を取得しているだけです。

他を取得したければ・・・
YAMAHA FAQから、プライベートMIB情報をゲットする。
MIB ブラウザ(WindowsならGetifとか)を使って、MIBツリーを調べればOK。
pluginをコピーし指定しているMIBを変えてあげればよいです。慣れれば簡単。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年7月 1日 01:19



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。