kamosica.jp

« ぼーっと票読みする | メイン | VirtuozzoにPostgresql8のパッケージが含まれていない »

2007年7月13日

ProFTPdでファイルを指定のTimeLocaleで表示する on Xinetd >>FTPd 

ProFTPdでファイルを指定のTimeLocaleで表示する・・・のxinetdで起動している場合。

centos4.5で、xinetd経由から起動するproftpdがGMTになっていたので設定。ついでに備忘のために記録。

サーバプロセスで起動している場合はこれを見てくださいまし。

まず、TimesGMTをoffにします。
/etc/proftpd.conf 辺りにあるはず。なければfindで探して・・・

TimesGMT off
と書く。

次にxinetdの設定。

xinetd.d の中にftpdを起動する設定があるはずなので

env = TZ=JST-9と書いておけばJST9になる。

service ftp
{
disable = no
socket_type = stream
protocol = tcp
wait = no
user = root
instances = UNLIMITED
server = /usr/sbin/in.proftpd
server_args = -c /etc/proftpd.conf
env = TZ=JST-9
}

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年7月13日 03:52



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。