kamosica.jp

« NHK関連会社「篤姫」商標を独占 | メイン | 気づいた時には大事になったりします。 »

2007年7月24日

Apache2.2でUserDirの設定 >>Apache 

Apache2.2でUserDirの設定方法。

某メーリングリストでVirtualHost下でUserDirが設定できないという点について、書いておいた内容をこちらにも記述しておきます。

mod_userdirだが、2.2では、ほんのちょっとだけ変更がなされている。
ApacheDoc:Apache モジュール mod_userdir
2.1.4 以降では、ユーザディレクトリ置換機能はデフォルトでは起動しません。それ以前のバージョンでは、UserDir ディレクティブが存在しなければ、UserDir public_html であると仮定されていました。

という記述があります。

そのため、Debianでもa2enmod userdir とするとincludeされるconfファイル上においてUserDir public_html と明示的に指定がなされる。

更に、VirtualHostコンテキストの中で指定する(VirtualHostで特定のユーザのみUserDirで稼動させたい)場合には、サーバでGlobalに設定されていれば、VirtualHostの方でUserDir public_html と書かないで済む・・・というわけではなく、やはり明示的に指定しなければならない。

UserDir public_html
UserDir disabled
UserDir enabled hoge

という記述をVirtualHostごとに書けば良い。

もし、UserDir public_html を外したり無指定の場合はNotFound になり、error.log には以下のように出力されます。(DocumentRoot /~ となってしまって、UserDirが稼動されない)

[Tue Jul 24 01:47:55 2007] [error] [client *.*.*.*] File does not exist: /var/www/~hoge

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年7月24日 22:22



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。