kamosica.jp

« 無償PDF生成ソフト Xelo 瞬簡PDF ZERO | メイン | へたれダイナミック広告のアルゴリズム »

2007年7月29日

Yamaha RTXにて マルチホームでuPnPを使うのはよろしくなさげ >>Router/Lx/L3/L2 

Yamaha RTXでマルチホーム接続をしている際にuPnPの挙動というか、設定に難があるっぽい。

upnp external address refer default がデフォルトの設定。

show status upnp
インタフェース: PP[01]
GetExternalIPAddress用IPアドレス:xxx.xxx.xxx.xxx

という形で、マルチホームであっても複数のWAN側IPで稼動できない。

pp 1 側は正常に使えるが、pp 2 側を経路として使っているマシンはポートをあけても使えないことになる。
(もしくは、pp2 を選択してあれば、pp1側・・・という感じで。)

うーん・・・。回避する方法とかあんのかなあ。
route に従ってくれるようになっていればよいけれども、実装的にちょっと問題がありそうな・・・。

2007.07.29 16:02追記:
マルチホームでuPnPは他のルータでもうまくいかないかもしれない。
いくつか触ったものでもuPnPはonとしか設定がないのが殆どだった。

RTX Specific ではなくてuPnPの実装についてという話になる。

2007.07.29 16:12追記:
この下の「R天ダイナミックアド」に、マルチホーム商品が出てくるのはちょっと勘弁してほしい・・・
別でまた書きますが、ダイナミック広告系ってtitle~/title 見てるだけっぽいんだよなあ。
ルータの実装についての話を書いてるところでブルワーカーが出てきたって誰もクリックしやしないでしょうが・・・。
(マルチホームなんちゃらブルワーカーっていうのが出てきてた。それかマルチホームクリーナーあたりが出てたりするはずです。)

Aゾンは徒然草が出る確率がものすごい高かったり・・・・。徒然日記だけどさあ....。
titleの要素を形態要素で抜き出して検索かけて表示するだけ、a-zA-Z0-9を除外するとか、辞書に一致するのだけとか・・・ っていう簡単に思いつきそうなアルゴリズムの通りに稼動している模様ですねえ(苦笑)

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年7月29日 05:26



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。