« G社による嵐の予感というか、既に嵐は吹き始めているようだ | メイン | 口内環境 »

2007年8月14日

ムーター日本語形態素解析製品「マリモ(開発コードネーム)」を提供開始 >>インターネット 

ムーターが日本語形態素解析製品「マリモ(開発コードネーム)」を提供開始だそうな。

http://enterprise.mooter.co.jp/marimo/


音にすれば・・・というのは昔より持論で言っていたのですが、とうとう出てきちゃいましたか。

日本語では平仮名とカタカナの表記違い(その他もあるけどね)で検索エンジン上の検索結果に違いが出る。
それも音としてフィルタをかければ一致ができる。
漢字では、音にすることで送り仮名表記の揺れが解決する。
その後同音異義のフィルタなどもかけてあげればいい。

一部の人たちにはメールでも説明してたからいいや、もう実現しちゃうんなら公に書いとけ、みたいなやけっぱな気持ち....。

ぷふぅ。実現されるのはうれしいけど、やってない自分がいて悲しい。
ぷぅぷぅ...。

はぁ、落ち込むわーー。

気分転換して、新しいことを考えよう.....

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年8月14日 01:03



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。