« Plesk SMTPの設定ミスを修正する(詳細) | メイン | spammerにむかついたのでbounceしないようにした »

2007年10月11日

virtuozzo:vzup2dateでファイルが残る >>Xen/Virtualization 

virtuozzoのvzup2date実行後にCacheしたファイルが残る問題。

vzup2date にはダウンロードしたキャッシュファイルを削除するようなコマンド(よくあるのは clean)がありません。

このままだと、サーバのDisk容量を少しづつ減らしていってしまうことになります。


解決方法:
rm -rf /vz/vzup2date/*

機能が無いのでそれで問題ないから、運用でなんとかやってくれって言われました。
リクエストしといたけど、4.0でついてくるかどうかは知りません。

/etc/sysconfig/vzup2date/vzup2date.conf
の設定を変えていたら、場所が異なるので、それに合わせてください。


大分前のネタだけど、そろそろ公開してもいいかもしれんということで公開。

だいたいが実装・思想的な問題なのにチケットを買ってわざわざ問い合わせる気になれなくなっている昨今。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年10月11日 02:39



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。