kamosica.jp

« マクドナルドはマック・マクドどっち? | メイン | NOD32 Antivirus 3.0のメールフィルタリングのメールヘッダ処理 »

2008年7月 5日

Qmail-Scanner2.04 + Drweb Linux CLI 4.44 >>Linux  | >>メールサーバ 

久しぶりにDrWebの情報を見ていたらver 4.44が来てたので、バージョンアップ。
コマンドラインオプションが一部なくなってやがった。アホか。
無くなったコマンドラインオプションは以下2つ。
-up
check-executable files
-fm
diagnostics of files with program modules inner structer

そういうわけで、qmail-scannerを作り直す。
ついでにqmail-scanner 2.04に入れ替え。

setuidgidがGLIBC_2.0で怒られたのでdeamontoolsを作り直して入れなおす。

qmail-scannerのDrwebCLI 対応については2005/11の記事
http://debz-di.kabocha.to/archives/2005/11/20051107051621.html
に、書いておいてありますが、あちらは旧Drwebのコマンドラインオプション対応なので、Drweb4.44を使うなら、こちらを使ってください。
いつからコマンドラインオプションが変わったか定かではありません。(ドキュメントも古いままだし、つい最近だと思う。)

そもそもQmail-ScannerがDrWebに対応していないので
1.DrWeb 4.44用の起動スクリプト
2.Configure
3.qmail-scanner-queue.template
を作成、書き換える必要があります。
Qmail-Scanner 2.04を元に変更と、追加をしたファイルをここにおいときます。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2008年7月 5日 04:48



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。