kamosica.jp

« ミサイル | メイン | PleskにてDrweb Update通知がBounceする »

2009年4月19日

ふううう >>単なる日記 

1件片付きかけ。

打診含めて10件近くあるのですがどうしたものでしょうか。

関係ない話ですが、MT4をイヤイヤながら入れてみました。
重たいのは重々承知してたんですが。

「軽くなった」っていうことなんですけれども
やはり作りが根本的に間違ってるという感じでしょうか。

サーバでプロセスを追っていればプロセスが終了されているのがわかります。
スクリプト言語のため何度もコンパイルされるのはしんどいわけで。
一昔のWebChatじゃないんで、dieして何度もリフレッシュするっていう仕組みが間違っているとしかいいようが無いなと。

確かにMT3ではTimeoutが起こることがありましたけれども。

それを解決するためにMod_perl化するとかいう話もありますが、それもやはりアプローチとして間違っている気がする。
そんなにいつもいつも使うサービス(24h使うのか?)でもないのに、なんでずっとメモリに入れておかなきゃいけないの。

簡単に言えばMain()で ServerTimeoutが起こる前に何かしらデータを送っておけば済む話しで、プロセスをdieしてコンパイルしなおして処理継続というのはTransaction的にも、有り得ないなと思ったりいたします。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2009年4月19日 04:14



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。