kamosica.jp

« 携帯向け動画配信サービス | メイン | 火事 »

2009年5月14日

ストリーミングにチャプターポイントを。Red5をためしてみた。 >>サーバ  | >>単なる日記 

やれると言ったからにはテストしておかにゃあかんだろということで、WindowsMediaの方は何度も触っているのもあってFlashMediaServerの方をためしてみました。

Red5というものです。

WindowsMediaServer / Windows Media Videoでのシーン位置変更は以前なんかでやったことがあったので。

Red5についてはこの辺りを読んで頂ければと。
http://www.thinkit.co.jp/article/152/1/

結果としましては、プログレッシブでもストリーミングでもシーン位置変更は可能でした。
ということで、共感できるポイントを渡しあいっこしたりするサービスは作れそうです。

・・・ここでこうやって書いてるとさくっとパクられそうですけれども(笑)

プログレッシブの場合はデータが先頭からダウンロードされていく関係で、ポインタ秒までのデータがバッファに入らなければ移動できないので、ポインタによってはかなり長く待たされる場合がある。(何で待たされているのか一般ユーザは多分わからないと思う・・・)

ストリーミングの場合は、サーバにリクエストを送ってポインタを移動するので待ちは少なくて済む。

ということで、ストリーミングサーバを使うのがやはりオススメでしょうねえ。

サンプルは表立ってでは公開できないですけど。。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2009年5月14日 01:42



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。