kamosica.jp

« 支出と売上 | メイン | Validatorの通し方 »

2009年12月 1日

PHP PEAR::Authのロジックは仮登録には向かない >>ソフトウェア 

とある大手が作ったとかいうシステムの不具合対処。

PHP PEAR::Authの処理、仮登録とかがあるシステムだとロジック的にそのまま使えません。

10:10:10に
Aさんが testid で申請 仮状態

10:20:10に
Aさんが testid で申請 仮状態

10:24:20に
Bさんが testidで申請 仮状態

10:30:10に
Aさんが 10:20:10のデータで本登録をする。

そんな場合に

$auth->getAuth()
$auth->getAuthData("本登録フラグ")

本登録フラグは、どのデータが取れるでしょうか。
※パスワードも全て同一であるとして、ね。

自前で実装した方が楽なんだけど....。Library依存症候群とでも呼ぶべきか。
メンテナンス面とか考えちゃうとアレなので、ロジックで対処することにしてクライアントと相談。

nicさんのサイトのpearんところにPEAR::Authの改造方法が書かれてますね。
http://spais.jp/category/pear

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2009年12月 1日 03:37



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。