kamosica.jp

« PHP PEAR::Authのロジックは仮登録には向かない | メイン | Advanced/W-ZERO3[es]で使うスタイラスが届いた »

2009年12月 1日

Validatorの通し方 >>ソフトウェア 

Validatorの作り方と通し方。

こんなことやってませんか?

input 時チェック
同login_id があれば confirm でエラー
regist は素通し

login_id が登録されてないとか、メールアドレスが登録されない時、
confirm画面を2つ広げて「せいの」で、2つ登録できます。

なので、実regist の際にもValidator を通さねばなりません。
複数ユーザが使うシステムとして当たり前の話だと思います。

更にきっちりやるなら、もちろんDDLで制限かけることもできます。
だけど、得てしてこのような作り方をする人は、まともなDDLも書いてない。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2009年12月 1日 23:15



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。