kamosica.jp

« ポートレート:葵みちるさん 2 その3 | メイン | ポートレート:葵みちるさん 2 その4 »

2012年10月30日

美しいものは言葉を尽くさなくても美しい >>単なる日記 

美しいものは言葉を尽くさなくても美しい。と思う。一時期ではあるが言葉を作る仕事をしていたので、どうしても言葉を作ってしまうところがある。 別に、それは過去の話だけれども。

単なる文字が並んでいるだけでも美しさを感じさせるものがある。それは「ロゴ」である、また、「本」である。
なぜ美しいのか、美しい言葉の並びとはどういうものなのか。 「タイポグラフィの基本ルール-プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック- 」 この本を少しでもかじれば、なぜそのフォントが選ばれて、文字がそのように組まれているか、ということに意識が向くだろうと思う。なんとなくそこにあるものがなぜ美しいのか、それを考えるためにもオススメしたい本。

はじめに言葉ありきだとも言う。しかし、美しさや醜さはそれを超えて伝えられるのではないか、と。そしてまた言葉(伝える)に戻ってくるのだけれども。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2012年10月30日 01:03



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。