kamosica.jp

« ポートレート:葵みちるさん 2 その7 | メイン | 月明 »

2013年1月31日

2013/01も今日が最後 >>単なる日記 

2013/01も今日が最後ですよ。

あんれまあ。


そんなにつらいなら辞めればいいっていう言葉と、
しがみついてでもやり抜くというの大切さと、
いろんな人に会ったり、話を聴いて、考えたりします。

どちらがやさしさで、愛情なのだろうかと、未来の見えなさと、若さと。


つらいときでも、そう簡単に無くなることはできなくて、
かといって
あっというまに無く(亡く)なることもあるのです。


不思議なものです。


キリスト教に「神は自ら救う者を救う」という言葉があります。
それは、本当に生きるために、どうすべきなのかを考えて、救えるように行動しなさいと言っている言葉です。
日本では「死ぬ気でやる」と言います。
根底の思想が違うのだなということをひしひしと感じます。

なにかそういう局面に立ったら
「生きるために、本気で、死ぬんじゃなくて、死力を尽くしてやれ」
と、思ってください。

死ぬためにやるんならたぶん死にます。
それは命じゃなくて、心かもしれない。

それと、若いうちは気づかなくても、勉強はしておく。
馬鹿にされるとかだけではなく、自分の可能性をつぶしていることになる。

何か次に資格を取るということを考えても、学歴が要求されることはあります。
いい就職のためとかではなくて、どんなことであっても、学ぶことは自分の可能性を広げてくれるもの。そう、子供に伝えてください。

人の可能性も、自分の可能性も否定しないこと。
だれかの未来も、自分の未来も、否定しないこと。
それが何か、未来に繋がるのだろうと思う。

ということで、あと1日、今月もがんばりましょう。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2013年1月31日 04:19



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。