« 奥多摩湖の紅葉 | メイン | 賑わいの中で - 表参道 »

2013年11月24日

深みのある写真を撮るためのフォトクリエイティブテクニック >>写真 

深みのある写真を撮るためのフォトクリエイティブテクニック

を、最近読了しました。
うすっぺらい構図本よりも、なぜそう写したのか理由を考える、ということがきちんと学問的で面白い。
一番、そうだなと思えたのは、白黒写真でしょうか。

白黒写真にする理由はなんですか?
色をなくす理由はなんでしょう?

「白黒写真にしてさびしい雰囲気」みたいなことが書かれていることが多くありますが、釈然とする答えではありませんでした。

この本は、「色を除くことで形・・・線、質感が語りだす。」と言っています。
この説明でかなり納得することができました。


逆に言えば、それだけ色は重要な要素であるということです。

  
  
  
また、この本は、こう書いています。「理解される写真を撮るためには、人が写真をどう読み取るのかを理解しなければなりません。」 アマチュアだから自分の好きなように撮らせろとか、大衆を向いてみることが迎合であるかとか、いろいろ言う向きがあるだろうとは思いますが、自分がただ撮りたいから撮るのでは伝わりません。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2013年11月24日 10:31



トラックバック

記事投稿日から60日間のみ、トラックバックを受け付けます。

このエントリーのトラックバックURL:
http://debz-di.kabocha.to/cgi/MT/mt-tb.cgi/1667

コメント

この記事へコメントを投稿する。

コメントは管理人が承認後に掲載されます。




保存しますか?



画像の中に見える文字を入力してください。