« VaioTypeTを80GB HDDに換装 | メイン | インターネットVPNのセキュリティ »

2007年1月 1日

3Ware(AMCC) RAID CARD 9650SE-4LPMLレポ >>RAID  | >>WindowsOS 

3Ware(AMCC) 9650SE-4LPMLが届いて、サーバを入れ替えましたのでレポ。

ボード全体(公式サイトでも見れるけどね)


Marvell 88SX6041

PowerPC PPC405CR

というチップです。ヒートシンクの下は未確認。

Windows 2003 Server,HGST 320GB HDD(HDT725032VLA360) x 4にて構築。特に問題等はありません。

一応ベンチ結果。 simplisoftwareのHD Tech3にてベンチマーク。
Diskベンチ Write Cache Off
Average Read:128.5MB/s Write: 261.2MB/s
CPU Utilization: 10%

尚、HGST 320GB SATA2のドライブですが、Future Toolsで3Gにスイッチさせることなく、3Gでの転送がされているようです。

↑3DM2:DriveInformationでの表示
ということですから、Future Toolsで3Gへのスイッチをするのは必須ではなくて、Link Supportを3Gのみに切り替えてしまうということなのではなかろーか。他の3DMでは転送モードの表示が出てこないのでよーわからんが。

あと、付属のケーブルですが、Multi-laneタイプなので、付属ケーブルもマルチレーンとなっています。ケーブル長がちと長めなので、たばねるのが面倒・・・。

ケーブル全体

ケーブル先端。
ナンバリングがしてあるのは便利
twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年1月 1日 01:58



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。