kamosica.jp

« 携帯メールスクリプト ubiqunのソース | メイン | さがしものはなんですか~ »

2006年11月12日

Plesk8 on CentOS mailman動作不可問題 >>Plesk  | >>データセンター 

SWSOFTのKnowledge Baseに記述があるが
Plesk / Plesk for Unix / Mailing list service (Mailman)
・POPUSERのGIDがmailmanのコンパイル時と違っていて(?)
・ディストリビューションの対応がされるまで対応できない
ということをサポートは言っている。

問題はmailman側にあるのではない。maiman側にあると言い訳しているに過ぎない。
Qmailのバイナリインストール時にPOPUSERは作られており、POPUSERのGIDとUIDがそもそも異なっていることがおかしい。UIDは110で、GIDは31だ。 debian(Psa7.5.4)ではUID,GIDともども110である。

ついでに言えば、mailmanでの動作時に--with-gidでGIDを指定させることもできる。もし、そういうことを想定していれば、コマンドラインオプションを環境によって合わせることも可能なはず。

まあ、何はともあれpsa-qmailインストール時のスクリプト自体のミスだと思うわけだが。
ディストリビューションの問題ではなく、SWSOFT自体のパッケージミス。ちなみに、rpm -e psa-qmailでpopuserは残ったままになる。(だいたいがQmail自体では使わないユーザだ)

なぜこれを「既知の問題」として「ディストリビューションの問題」「Mailmanが問題」と言い何も対処せず、ユーザが対応しなければならないのか理解に苦しむ。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2006年11月12日 03:26



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。