kamosica.jp

« Windows Server破損~復旧 | メイン | SEO対策としてMTPaginateを見直す:バグみっけ »

2006年12月20日

ORDBが閉鎖。SPAM関連の設定に影響が。 >>Plesk  | >>インターネット 

SPAMメールチェックで使われていた、ORDB(Open Relay Database)が閉鎖になるとのこと。
ORDB:ORDB.org is shutting down

・DNS とメーリングリストは今日、2006年12月18日消滅するでしょう。
・ウェブサイトは2006年12月31日までに消失するでしょう。
ということです。ORDBを使ったチェックを行っているのであれば、早急に設定の変更が必要です。
PleskなどでMAPSを使っているサーバも同様に必要です。

功罪いろいろありますが、サーバ管理者に対し、Open Relayではいけない(当然ですが)という警鐘を与える、という意味で役に立ったと思います。(それでも理解できずに、まともに管理されていないサーバもごろごろしているわけですが。。。)
現在ではボットによって操作されてしまっているサーバや端末が多数存在し、無意味になったということを意味しています。

ORDBの文にもありますが、
We recommend a combination involving greylisting and
content-based analysis (such as the dspam project, bmf or Spam Assassin).
我々は(dspam プロジェクト、 bmf あるいはSPAM Assassinのような) greylistingな、そして内容ベースの分析を含めての組み合わせを勧めます。

ということで、よりもっと踏み込んだ形でのSPAM対応策が必要ということです。
が、しかし、それは誤検出との戦いの幕開けでもあります・・・。

メール以外に、Blog や 掲示板へのSPAMも、Relay DBではもはや通用しないところがあります。1日経つと300ぐらいは溜まっている今日この頃です。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2006年12月20日 06:50



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。