kamosica.jp

« 日本郵政:郵便局で年賀状を印刷、配達 | メイン | virtuozzo:vzup2dateでファイルが残る »

2007年10月11日

Plesk SMTPの設定ミスを修正する(詳細) >>Plesk 

Plesk SMTPの設定ミスを修正する、についての詳細。

Plesk SMTPの設定ミスを修正するに記述しておいていましたが、別のところで話題となってたので、もうちょっと細かく記述しておきます。

Plesk Specificな問題を扱うためにカテゴリーも追加したんで。
7.5.x でも、8.x でもやはりWatchdogの記述に問題がありました。

centosの場合ですが、
/usr/local/psa/etc/modules/watchdog
にwatchdogの設定があります。
debianだと/opt/psa/etc.... のはず。

vi monitrc

check process qmail
with pidfile "/var/run/qmail.pid"
start = "/usr/local/psa/admin/bin/mailmng --start-qmail-send"
stop = "/usr/local/psa/admin/bin/mailmng --stop-qmail-send"
if 5 restarts within 5 cycles then timeout
every 1 cycles
mode active

と記述がありますが
ls /var/run/qmail.pid
は存在しません。これが 再起動を勝手に繰り返し、そしてpidは生成されないため、場合によっては停止するという悪要素となります。 (watchdogを使っているならば、ということですが)

ということで、/etc/init.d/qmail に対し、pidを生成するように処理を追加してください。


/etc/init.d/qmail

pidofproc $proccess >/dev/null 2>&1
これを
pidofproc $proccess > /var/run/qmail.pid 2>&1
と書き換える。
(前のはコメントアウトして取っておいてください)

stop においては

killall の後に
rm /var/run/qmail.pid >/dev/null 2>&1
と記述する。

http://serversupportforum.de/forum/plesk/6901-watchdog-vs-qmail.html

辺りに記述があるのと同じです。
また、
http://forum.swsoft.com/

を探すと、その他の問題が解決する場合があるかもしれません。
まあ、簡単にいえば日本人はなめられてる、っていうことですな。

watchdogについては、monitを使用していますので、monitを勉強すればだいたいわかるようになるはずです。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年10月11日 02:12



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。