kamosica.jp

« -Xとの違いがよくわからん。 | メイン | バリバリ夏風邪中 »

2007年8月 6日

VirtualServer:NICをTrunkingしてると不安定になる? >>Xen/Virtualization 

VirtualServerをTieするNICはTrunkしてると不安定なようです。

VirtualServerが便利なので、DualCoreにアップグレードし、更にメモリも拡張してガンガン使うようになりました。

使っていると気づいてくることがあるもので、ネットワーク転送が怪しげ。

Host OSではIntel NICが物理的に2枚刺さっていて、Trunking(チーム化)をしていたんですが、GuestOSでブリブリとファイル転送をするとTrunkがぶちぶち切れたりして不安定な状況・・・。

ということで、Trunkingを解除してHostOSで1枚、Guest用で1枚という設定に変えてみました。
それから今のところ安定しているようです。
Guest用に1枚割り当てるということを考えると、もう1枚NICを刺して、Host側でTrunkingしておきたいかもなあ・・・っていうところですが。

2007/06/06 VirtualServer で ちょいとはまるで書いた、『物理アダプタと結合させた場合、VirtualMachine同士でのネットワークは通じないんですね』も、なんでかうまくいくようになりました。
Microsoft Virtual Server 2005 R2 SP1を入れたからなのか、構成変えたからなのか、検証してませんけど・・・。

VirtualServerのいいところの1つとして容量可変Diskがあります。
Guestの パーティションとしては127GB割り当てておいてあるけど、Host上では使った分しか食わないので容量が節約できる。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年8月 6日 01:47



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。