« Yamaha RTXの nat descriptor の利用数をMuninで取得する | メイン

2020年5月30日

Yamaha RTXの VPN session数をMuninで取得する >>Router/Lx/L3/L2 

Yamaha RTXの nat descriptor の利用数をMuninで取得するの続きですが、VPNのセッション数もグラフにしとくと楽だなと思ってVPNのも作りました。

リモートユーザも増えていて、Routerの利用状況を調べる必要もまあそれなりにあるかなと。

show status tunnel up でL2TPを取得し、show status pptpでPPTPを取って合算するようにしてみました。

source:
plugin txt encodeとNet::Telnetが必要です。telnetの許可を先に与えといてください。telnetで複数で入るとうまくとれません。Net::Telnetなのでうまくやれば他にも転用可能です。たくさんいろいろやるんだったらテキストファイルに各々落として別処理でした方がいいだろうけどね。(Fail系のデータ取って書き出しておいて処理するとか)

/usr/share/munin/plugins/
に転送。

/etc/munin/plugins
ln -s /usr/share/munin/plugins/rtx__vpn vpn_hostaddr.domain_vpn

/etc/munin/plugin-conf.dで
[nat_?.?.?_*]
env.login_password passwd
env.admin_password passwd
env.host hostname
の定義を行っとく。
※この辺はSNMPのrtx loadと定義の仕方は同じ。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2020年5月30日 20:24



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

この記事へコメントを投稿する。

コメントは管理人が承認後に掲載されます。




保存しますか?



画像の中に見える文字を入力してください。