« Muninのsnmp_if_err を エラーパケットだけにする | メイン

2020年9月 5日

CentOS8 で TLSv1.2以下が接続できない場合 >>Linux 

REDHAT 8からシステム全体の暗号化ポリシーが導入されました。

RedhatEN8:第3章 システム全体の暗号化ポリシーの使用

DEFAULTでは TLS プロトコルの 1.2 と 1.3、IKEv2 プロトコル、および SSH2 プロトコルが使用 となっています。

それによって、その暗号化ポリシーの状態でBuildされたパッケージが影響を受けます。たとえば、CentOS Bug Tracker:0016484では sendmailが報告されています。

ということで、設定を変えてもどうにもならないようならばPackageのbuildを疑う必要もでてきます。

9/7追記:
postfix は update-crypto-policies --set LEGACY でバイナリ入れ替えなくても通るようになりますね。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2020年9月 5日 22:17



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

この記事へコメントを投稿する。

コメントは管理人が承認後に掲載されます。




保存しますか?



画像の中に見える文字を入力してください。