kamosica.jp

« 2007/05総括 | メイン | おまえはどこのわかめじゃ »

2007年6月 4日

Urchin リファラー解析でハングる(その2) >>Apache  | >>レンタルサーバ 

Urchinのリファラー解析でハングる件その2。
前回の続報です。
JavaScriptにアクセス元ドメインがセットされるが、最近は動的パラメータが?hogehoge とならないので、その辺りがどうも絡んでいる。

parent.dLoad("hatena.ne.jp/keyword/ほげ",0,0,0,0,0,0,0);
とかなってるのが影響してる模様。
とにかく文字コードをコンバートしなきゃいけない。

メール&WEB PRO内を探してみたら、/usr/local/bin/perl5.8.4 がいつの間にやらインストールされていたので、使うことにする。
utf8_decode.pl を元に(手抜きなので・・・) Unicode::Japaneseを使って、UTF8から更にSJISに変換して出力するように変更。

urchinのTransferLogも変更。 大よそこれでよさそうなので、後は様子見。

twitterこの記事をTwitterでみんなに教える。

投稿者 debizoh : 2007年6月 4日 01:33



トラックバック

現在、この記事はトラックバックを受け付けておりません。


コメント

現在、この記事はコメントを受け付けておりません。